離乳食を始めるタイミングとアレルギー

離乳食を始めるタイミングとアレルギー

まわりから、「そろそろ離乳食?」とよく言われるのですが、みなさんはいつ頃から始めていますか?

育児本などでは、約6ヶ月位からと書かれていたので、6ヶ月に入って体調の良い時からスタートしました。

はじめは、10倍粥を1さじ。

その1さじをなかなか食べてくれない息子くんです。

今まで、母乳以外は口にしたことないんだから当たり前ですね。

何日も、1さじから進まなくて悶々としましたが、息子くんも慣れてきたのか、少しずつ量が増えてきました。

10倍粥にも慣れたので、野菜にも挑戦です。

特にカボチャは甘みがお気に召したのか、美味しそうに食べてくれました。

離乳食を始めて1ヶ月位が過ぎた頃に、ヨーグルトをあげてみました。

しばらくすると、身体にポツポツと赤い湿疹が出てきました。

「もしかしてアレルギー?!」と思い、病院で血液検査をしてもらいました。

結果は、卵アレルギーでした。

なぜか乳アレルギーはでなかったんです。

その後、ヨーグルトにもう一度チャレンジしてみたら、何も出なかったので本当に不思議です。

「卵アレルギー」

調べてみると、色々使われていますね。何を買うのにも、必ず後ろを材料チェック。

数値的には高くなく、大きくなれば食べれるようになるそうなんですが、そこまでが大変です。

離乳食の本などのメニューには、卵を使ったものが多くて、レパートリーが増えず苦しみました。

もう1つ困ったことと言えば、身内のアレルギーに関する知識や危機感が低いことです。

色々と、食べさせてあげたいのは、私も同じです。

すぐに「少しくらい大丈夫。」と言いながら、アイスやプリンを食べさせようとしたり、

それを私が「まだ無理です。」と言ったら、「美味しいのに食べられなくて可哀想。」と一言。

食べて何かあったらどうしてくれるんですか?

痒かったり、苦しんだりするのは息子くんなんです。

その方が可哀想だと思うのに、なかなか理解はしてもらえませんでした。

1歳になってから血液検査をしてもらったら、少し数値が下がっていたので、加工品から少しずつ試していく事になりました。

タマゴボーロ1つから始めて、パンなども食べても大丈夫でした。

ただ今2歳。

つなぎなどで使われているのも大丈夫で、今はゆで卵(かたゆで)を1切れ位なら、食べられるようになりました。

まだ、外食などは気を使いますが、食べられる物が増えてきて、息子くんの成長を感じています。

新型ベンツMクラス

地域の盆踊りに行ってきました

我が家の地域の自治会では

毎年近所の小学校や神社で盆踊りをしています。

神社の方は敷地が狭いのでこじんまりとしていますが、

小学校でやる方は、屋台も沢山出ますし

盆踊りだけではなく、キッズダンスや吹奏楽など

見て楽しむイベントも盛りだくさんなので

毎年楽しみにしています。

時期的に先に行われるのが神社の盆踊りです。

去年は開催日すべてゲリラ豪雨のため途中で中止になっていたのですが

今年は無事に済みました。

この神社の盆踊りは、いつも3曲をヘビーローテーションでかけるので

帰るころには参加者の頭の中も

この3曲がヘビロテ状態になる、という

いらない特典付きの盆踊りです(笑)

夜8時に参加者にアイスを配ってくれるのですが、

3歳の息子は残念ながら起きていられませんでした・・・

来年はアイスもらおうね!

そして一週間遅れで小学校の盆踊りです。

こちらは本当に大規模で参加者も多いので

息子も大興奮です。

屋台では光るおもちゃが激安で売られているので

買ってもらった子供たちがまるで蛍のように

ピカピカ光らせながら学校中を走り回っています。

大人の目的は、やはり飲食でしょうか?

地域の自治会の方やボランティアさんが店を出しているので

食べ物や飲み物は他のお祭りに比べて激安なんです。

子供がピカピカ遊んでいるうちに

大人は焼き鳥やたこ焼きをビールで流し込む・・・

という光景が、学校の校庭中に広がっていました(笑)

私もそうしたいところでしたが、

3歳の息子が行く先々で同じ年くらいのお友達にケンカを売るので

息子について回って飲食どころじゃありませんでした(汗)

キッズダンスが始まると、息子は子供たちのダンスにくぎ付けに。

もともとマイケルジャクソンが大好きな息子なので、

興味は持つだろうなとは思っていましたが、

本当に見事な食いつきようで、親の私も笑ってしまうほどでした。

しまいにはダンスバトルさながらに

子供たちが踊っている輪の中に入って勝負を挑もうとしていたので

本気で止めに入りましたが・・・

地域の盆踊りなので

息子のお友達や私の知り合いもたくさん来ており

とても楽しい一日でした。

私自身、子供の頃は盆踊りが楽しみでしたので、

息子にとっても幼少期の良い思い出になればと思っています。